Microsft 365 とOffice製品は2023年5月中の購入をおすすめします

Microsft 365 とOffice製品は2023年5月中の購入をおすすめします
この記事はだいたい 10 分前後で読めます。

Microsoft365とOffice価格改定

先日(2023年5月12日)日本マイクロソフト株式会社から一般消費者向け製品Microsoft 365とOffice製品について、2023年6月1日から価格改定すると発表がありました。

コンシューマ向け Microsoft 365 および Office 製品の価格改定について

出典:Microsoft Windows Blogs:Post in Microsoft 365(画面キャプチャ)
URL:https://blogs.windows.com/japan/category/microsoft-365/

対象製品は15%値上げ

今回の価格改定の対象となるのは、家電量販店などで販売されているPOSA版や、オンラインショップで購入できるダウンロード版などのOffice製品とサブスクリプション版のMicrosoft365です。

Microsoft Windows Blogs の案内に各製品の提供形態・現行価格・新価格が掲載されており、現行価格と新価格を比較するとおおよそ15%の値上げとなっているようです。

コンシューマ向け Microsoft 365 および Office 製品の価格改定について

出典:Microsoft Windows Blogs:Post in Microsoft 365(画面キャプチャ)
URL:https://blogs.windows.com/japan/2023/05/12/price-revisions-for-microsoft-365-and-office-products-for-consumers/

今後の影響について

文書作成のWordと表計算のExcelについては個人や仕事で使う方が多く、ある意味必須のソフトだと思いますが、その価格が上がるということは今後パソコンを購入時の価格にも影響があるでしょう。

よくあるWord ExcelがプレインストールされたOffice Personal版や、プレゼンテーションソフトPower Pointが含まれる Office Home & Business版といった機種が6月以降値上げされることが予想されます。

WebDreamで使用しているサブスクリプション版 Microsoft 365 Personalも値上げされるため、価格改定前にサブスクリプション版を購入して更新処理を行おうと思っているところです。

サブスクリプション更新について

WebDreamでは仕事上表計算ソフトExcelは必須アプリケーションですし、もちろん資料作成でWordを使っています。またPower Pointでのデータを扱うこともあり、Microsoft 365は欠かせないものとなっています。

以前は永続版のOfficeを使っていましたが、2017年にWindows タブレットを導入した際に、Microsoft 365(当時は Office 365 Solo)を導入し、継続して利用してきました。

更新時期は通常毎年9月なのですが、Microsoftのキャッシュバックキャンペーンなどの情報を見つけたときにMicrosoft 365 Persoalを購入し、更新時期ではないときにも更新処理を行っています。

以前もサブスクリプションの更新処理ということで記事を掲載していますが、サブスクリプションの有効期間は更新を行った日からではなく、使っているサブスクリプションの有効期限から延長されるのでライセンスが無駄になることはありません。

関連記事
image
Microsoft 365 Personalサブスクリプション更新:有効期限1年延長 Microsoft365Personalサブスクリプション更新 WebDreamでは仕事上ワープロソフトのWord……

値上がり前の購入を!

価格改定まであと2週間ほどとなりますので、値上がり前の価格で2023年5月中の購入をお勧めします。

ショップのキャンペーンや、量販店などでの価格据え置きセール等があるかもしれませんが、マイクロソフトから案内が出ている以上価格は変わるはずです。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

サブスクリプション版だけでなく、永続版の購入・導入予定の方も購入されておく方が良いかもしれません。ネットで販売されているMicrosoft365、永続版のOfficeの例ですが、こちらの案内にも『5月中の購入を・・・』とありました。

Microsoft 365 Personal(最新 1年版)|カード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)
WebDreamで利用しているのはこちらです。
インストール自体は台数無制限で行うことができ、サインインして利用できるのが5台となります。
デスクトップとタブレットと使い分ける場合にとても便利で、1TBのクラウドストレージがありインターネットに接続していれば場所を問わずデータ処理が可能です。

Microsoft 365 Family(最新 1年版)|カード版|Win/Mac/iPad|利用可能人数最大6人
家族でOfficeアプリケーションを利用する場合にはこちらの方が便利です。
ただしこのMicrosoft 365 Familyには商用利用権が付属していません
業務で使いたい(商用利用)の場合は、このMicorosoft365Familyを使うことはライセンス違反となりますのでご注意ください。

商用利用についてはMicrosoftの情報の確認が漏れておりました。現在は商用利用権が付属しており、商用利用が可能です。(2023年6月19日追記)

【対象商品と同時購入限定】Microsoft 365 Personal(15ヶ月版)|カード版
この15か月版はパソコンやタブレットなど対象となる商品と同時購入するとき限定で購入できます。
通常版より3カ月利用期間が長い点がメリットです。
購入機器が限られていますがパソコン等の購入を考えている場合はこちらの選択がお得です。
量販店でも販売しているようなので、パソコン購入を考えている方は店頭で確認してみてください。

Microsoft Office Home & Business 2021(最新 永続版)|カード版|Windows11、10/mac対応|PC2台
こちらは永続版となり、WindowsPCまたはMacに2台までインストールできます。
サブスクリプション版はちょっと・・・と思われる方にはこちらの永続版をお勧めします。

Microsoft Office Personal 2021 (永続版)|カード版|Windows11、10|PC2台
WordとExcelだけで充分という方はこちらのPower PointがついていないPersonal版で良いと思います。
ただBusiness版と価格差がありますが、後からPowerPointを追加する可能性を考え、せっかくならばBusiness版を購入しておいた方が良いかもしれません。

まとめ

WebDreamの場合は仕事でOfficeアプリケーションを使うため、サブスクリプション版のMicrosoft365 Personalが必須条件です。早速ですがオンラインショップで購入の手配をしました。

もちろん永続版で良いという人、業務では使わない方、WordとExcelだけでよい人など使い方は人それぞれです。サブスクリプション版の年間費用よりも永続版が良いと思う方もいるかと思います。

今回は2023年6月からの値上げ発表があったこともあり、5月中の購入のお勧めとしてこの記事を掲載しています。気になる方はお早めに購入をおすすめします。

TOPへ