見た目を最優先!M.2 SSD外付けケース ASUS ROG Strix Arion

サポートから始まる

最近のデスクトップではマザーボードにM.2 SSDを直接搭載し、起動ディスクとして使われるようになってきました。

従来のHDDによる起動はほぼ影を潜め、HDDの次によく使われていた2.5インチタイプのSATA SSDによる起動も少なくなってきているように思えます。

またノートパソコンも起動ディスクにHDDを使用するモデルも減ってきており、時代はSSDに変わってしまったな~と思う今日この頃です。

何をいまさらSSDの話を?という感じですが、ノートPCの内部ストレージの交換サポートをすることになりその作業の流れでSSDの話題となりました。

ノートPCのストレージ

ノートPCのストレージ交換という事だったので、頭の中では2.5インチタイプだとばかり思っていましたが、中身はM.2 SSDという事からはじまりました。

サポート自体はM.2 SSDの容量アップを行うもので、データーバックアップ・リカバリ―と作業自体は特に問題なく済ませて終了です。

その後のM.2 SSDを外付けドライブとして使う際のケースをどうするか?という対応を始めたことで、色々とケースを探し始めると自分でも使いたくなるケースを見つけたというのが本音です。

様々な種類・規格

『M.2 SSD ケース』をキーワードにして検索すると、出てくる出てくる。スティック状、2.5インチHDDの大きさのもの、USB3.1 USB-C接続等々様々なものがあるのだと感心します。

M.2というキーワードが含まれている事で、M.2 SSDそのものも検索されてしまいますが、とにかく種類が多い事に驚きます。

M.2 SSDの規格で大きくわけてNVMe(PcIe)とSATAがあるので、選択・購入の際はどちらの規格かに注意する必要があります。単純にNVMeの方が規格が新しくスピードが速いと思っておけばよいと思います。(アバウトですみません)

ケースとして大事なのは、規格(仕様)や接続方法、大きさという事なだと思います。しかし私の場合はまず『見た目』を重視して探してしまいます。

デザインや色といった視点で探して、その中で仕様が合致するものを選択するといった感じです。今回M.2の規格はNVMe(PCIe)タイプを探しています。

ASUS ROG Strix Arion

カッコいいケース発見!

仕様は?とか接続は?大きさは?なんてことは後回し。とにかく「見た目がカッコいい」と単純に思った第一印象で選んだケースをご紹介します。

先日ゲーミングスマホROG Phone IIが発売され、スマホもゲーミングの世界だなぁと、思って眺めていたASUSで見つけた ROG Strix Arionです。
icon
ASUSはゲーミングデスクトップPC・ノートPCのブラドとしてROG シリーズを出していますが、そのROGシリーズからM.2 SSDケースが発売されていました。

R型の専用ホルダー

カラビナの様に吊り下げできるR型の専用ホルダーが付属していて持ち運びをイメージしたケースです。
iconicon
icon

Aura Syncライティング

ASUS独自のライティングシステム「Aura Sync」を搭載しています。このAura機能はゲーミングPCを『カッコよく鮮やかに光らせる』ものです。

音楽に合わせて光らせたり、CPUの状態(温度・動作状況)に合わせて光り方を変えるなどの「光」を制御する機能がSSDケースに搭載されているのです。

icon
icon
SSDケースに光?は必要ないと言われてしまえばそれまでですが、「見た目がカッコいい」モノの選び方もあって良いのではと思っています。

簡単セットアップ

ドライバー等の工具は不要で、専用ピンツールをを使用して上部カバーを開け、M.2 SSDはつまみネジを使って簡単に固定できます。

icon
icon

USB-C接続

搭載できるSSDはM.2 PCIeタイプで、サイズは2230・2242・2260・2280をサポートします。

搭載するM.2 SSDのスピードを損なわないように、USB-Cコネクタを搭載して、最大10GBpsでデータ転送が可能です。

icon
icon

ケース本体はアルミ合金で、サーマルパッドを備えておりSSDの放熱性能も優れているようです。

あとはなんといっても、最近の「魅せるゲーミングPC」のイメージでLEDを搭載し、ASUS Aura Syncライティングに対応している点がお気に入りの部分です。

まとめ

使っていてなんかカッコいい。それだけですが、使ってみたいと思うM.2 SSD外付けケース(ガジェット)です。

Aura Sync ライティングは専用ソフトをダウンロードすれば出来るような記述を見ましたが、実際にどうなるか試してみたいものです。

バッグ等にR型ホルダーでぶら下げているときも光ればよいのに・・・光らせるためにはUSB-Cケーブルで接続しておけばよいのかな?などと使っているシーンを想像して楽しめるアイテムを見つけた感じです。

>WebDream Official Blog

WebDream Official Blog

パソコンサポート・ネットワーク構築・ホームページサポート
ハードからソフトまで、コンピューターに関わることをサポートします。
気になるハード、ソフトや面白ガジェットまで、思いつくまま気の向くまま書いています。

CTR IMG