HP純正Type-Cスリムアダプタが届きました。他の充電器と比較&チェックしてみます

気づいたら購入していたACアダプタ

先週HP純正のHP 65W USB-C スリムACアダプターが新発売という事で、どんなものかとHPのサイトで確認をしていました。
icon

関連記事

使っている純正アダプタ 今モバイルで使っているHPのElite X2 1012の純正アダプタは、HP65W USB-CパワーアダプタG2です。 Eliete x2 1012で使っていて、65W 出力・HP純正・折りたたみAC[…]

外観や、USB-Aポート搭載など、いまElite x2 1012のアダプタと比べてどうか?とか、最近購入したType-C対応の充電器やモバイルバッテリーと比べてどうかなど考えていました。

初めはサイトの情報を眺めながら、実際に使う上ではこんな感じになるかなぁとか、充電の性能はどうなるかなどと考え、思い浮かべるだけだったのですが、見ているだけで済むわけがありませんでした。

そうです、気づいたらHP 65W USB-C スリムACアダプターをカートに入れていたのです。
icon購入決定のボタンを押して「ご注文ありがとうございました」の画面が表示されるのはあっという間で、発送連絡を受け、到着を待つばかりとなりました。

スリムACアダプタ到着

HP 65W USB-C スリムACアダプターが届きました。箱がでかい・・・ノートPC購入時はノートPCと一緒に箱に入っていて、ち密に計算された段ボール折のスペースにうまく収まっているアダプタですが、今回はアダプタ単体という事もあり、パッケージ入りです。icon

早速開けてみてみます。中はこんな感じでアダプタの小ささをより感じます。

本体と、ACケーブル。ケーブルはやっぱり太さを感じます。

さすがに名称に「スリム」と付いていることもあってコンパクトに見えます。

ケーブルの出方はこのように、端面に沿って出ているのはやっぱり良いですね。持ち運ぶ際に巻き付けることでケーブルのおさまりが良くなります。

このファブリック素材のケーブルは手触りがよく私好みです。送付時に巻き付けてあったのでまき癖が残っています。

今までのアダプタだとこのように端面のどまんなかから「にょきっ」と感があり、垂直にケーブルが飛び出ているため巻き付けるにしてもコードの向きが落ち着かず、持ち運び時に持て余していました。

一方ケーブルは2Pのコンセント側と3P タイプのアダプタコネクタ部となります。ケーブル長はカタログ通り90㎝です。こちらの電源ケーブルもアダプタから伸びているType-Cケーブルと同じファブリック素材だとカッコよいのですが普通のタイプです。

アダプタ本体のACコネクタ部は3Pなので、ここに付属の電源ケーブルをつなぐわけですが、これに関しては、Elite x2付属のアダプタの様に折りたたみ式だったらベストでした。

長い電源ケーブルは持て余すかもしれないと初めから思っていたこともあり、3ピン→2ピンタイプの20cmの電源ケーブルを購入しておきました。

3Pタイプの20cmケーブルです。購入したのはBUFFALO 電源ケーブルDELL/HP用3ピンソケット(メス)⇔2ピンプラグ(オス)20cm BSACC0802BKAです。

関連記事

ACアダプタとコンセント 以前、ノートPC用のACアダプタの「太くて・長い」電源コードは使い勝手が気になりますという記事を上げていました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://webdream.j[…]

他Type-Cアダプタとの比較

HP 65W USB-C スリムACアダプターを他のACアダプタを並べて比較してみます。ケーブルコネクタタイプとケーブル一体とではやはり違いますが、カタログの数値だけではわからない部分が、このように並べてみると一目瞭然です。
icon

上の段左から順に、Anker-Fusion5000  SEKC-SWC-PD3260WT Anker-PowerPort PD60
下の段左が HP Elite x2 1012純正アダプタ 右が今回購入したスリムACアダプタです。

コンパクトさはAnkerのPD2がダントツではありますが、今回のスリムACアダプタもなかなかのものです。

大きさはこの様にくっつけて並べてみると良くわかります。カタログ値の寸法だけではわからない部分が一目瞭然です。

見てわかるように、今回のスリムACアダプタだけ3PコネクタでACコードをつなぐタイプで、今まで持っていたものは、全てプラグ折りたたみタイプなのです。コンセントへの差し込みをどの様に対応するかで使い勝手が変わるかなと思ってます。

純正アダプタと比較

今回購入したHP 65W USB-C スリムACアダプターと、Elite x2の同梱アダプタの2つを比較するとこんな感じになりました。
icon

寸法はスリムACアダプタが 幅97x奥行53.5x高さ21mmに対し、Elite用のアダプタは 幅74 x 奥行74x高さ28.5mmとなっていますが、並べると今回購入したアダプタのスリムさが目立ちます。

また手に持った時のおさまり具合はスリムACアダプタの方がもちやすいと感じます。ケーブルを巻き付けた状態がちょうどよい大きさかもしれませんね。

カタログ値では高さは7mm差です。

長細くなっていることもあり、薄いさをより感じるのかもしれませんがスリムさが際立ちます。

充電確認

同時に購入した20cmをつないで充電確認です。短い20cmケーブルを買っておいて良かったです。

ACアダプタから、Type-Cハブ(充電対応タイプ)を経由しElite x2を充電します。

Elitex2 1012は問題なく充電できます。当然と言えば当然ですが。
あとは接続時の電圧と電流を測定してみます。

Type-C簡易テスタをアダプタとType-Cハブ間に接続し測定しました。

電圧は接続してすぐは5Vあたりから、しばらくすると19.6Vでほとんど変化せず安定しました。電流は2A~2.7Aあたりの変化がありました。撮影時は2.66Aでした。

まとめ

箱を開けて第一声「あっちいさい!」と感じたこのHP 65W USB-C スリムACアダプターですが、買って良かったというのが感想です。私の手にちょうど良く収まるスリムさとファブリック素材ケーブルがとても気に入りました。
icon

充電に関しては純正という事、またUSB-Cが60WでUSB-Aが5Wの合計65Wでの充電が可能なので問題なく使えると思います。

気になるのはやはりコンセント差し込みの部分です。Elite x2のアダプタや、他に購入していた充電器群が全て折りたたみプラグだったことあり、このスリムACアダプタも折りたたみプラグだったらもっとスリムさが活かせたのではないでしょうか。

今後はもっとUSB-C対応のPCや携帯端末が増えていくことが予想されます。必要となるType-C充電器にパワーとデザインを兼ね備えたHP 65W USB-C スリムACアダプターをお勧めします。
icon

>WebDream Official Blog

WebDream Official Blog

パソコンサポート・ネットワーク構築・ホームページサポート
ハードからソフトまで、コンピューターに関わることをサポートします。
気になるハード、ソフトや面白ガジェットまで、思いつくまま気の向くまま書いています。

CTR IMG