更に転送速度が上がるUSB Type-Cの新規格 USB4 が発表されたとのことですが

充電容量のアップと転送速度があがったことで、使い勝手が良くなったUSB Type-C
現在はUSB3.1 Gen2ですが、この規格を上回る USB 4が発表されたとのニュースを見ました。
転送速度が上がることで、高解像度のディスプレイやeGPU(外付けビデオアクセラレーター)といった外部デバイスがどんどん使いやすくなっていくことでしょう。
めちゃくちゃ太くて、取り回しが大変だったVGAケーブルで接続し、音声用ケーブルは別ケーブルで接続と面倒だったものが、今やHDMIケーブル1本で大丈夫です。
他にはDisplayPortも接続ありますが、VGA時代のケーブに比べれば細くなり、接続時の取り回しがやりやすくなってきたと感じます。
一方新型iPad iPhoneがType-Cを採用し、AndroidスマホもType-Cを採用するものが増えてきたことで、今までのように機種別にケーブルをそろえることなく、Type-Cタイプ1本で良い状態になってきました。

一気に統一してもらいたいUSB Type-C

anker_usb-typec.jpg
今までのUSB規格で周辺機器を接続する際のことは考えなくてはなりませんが、Type-Cに統一してくれると、接続用のケーブルを1本準備することで対応可能でしょう。
またスマホの充電も高速充電でとても効率よく充電が可能になってきていますから、その点も利点だと思います。
規格が複雑で、伝送速度もそれぞれ異なることもあり統一することは難しいかもしれませんが、新規格が主流になりまとまってくれることを希望してます。

>WebDream Official Blog

WebDream Official Blog

パソコンサポート・ネットワーク構築・ホームページサポート
ハードからソフトまで、コンピューターに関わることをサポートします。
気になるハード、ソフトや面白ガジェットまで、思いつくまま気の向くまま書いています。

CTR IMG