最新液晶モニタでマルチディスプレイ環境を!Type-Cケーブル1本でノートPCに充電

ノートパソコンは外出先で活躍

Type-Cのノートパソコンへの充電器が気になりあれこれ調べ、これは!っと思うものは購入して実際に使ってみたりしてきました。

関連記事

先日もType-Cの充電器の話題を書いていました。 発売されるパソコンの専用アダプタがType-C充電器に変わり、スマホやタブレットもUSBポートからType-Cへと変わって、充電ポートの主流は「USB Type-C」の時代へと向かってい[…]

関連記事

気づいたら購入していたACアダプタ 先週HP純正のHP 65W USB-C スリムACアダプターが新発売という事で、どんなものかとHPのサイトで確認をしていました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=htt[…]

関連記事

Type-C搭載のモバイルバッテリーが欲しい→購入へ 先日Type-C関連・PD関連充電器について記事を書いた後色々検索していたら、10000mAhクラスのモバイルバッテリーがだんだん欲しくなってしまいました。 [sitecard […]

調べたり実際に試すことはとても大切で、自分自身がより良い環境で仕事ができるための勉強だと思っていますが、この充電器といった部分だけではせっかくのType-Cのメリットを活かしきれていないと思っていました。

今までの記事は「ノートパソコンを持ち歩いて作業する」ということを想定したもので、戻ってきたらどうするのかという部分が抜けていました。

もちろん、外出先から戻ってくればデスクトップがあり、データはUSBメモリかクラウド上にあるので、接続すればノートパソコンの存在はどこへやら・・・です。

私の場合は、ノートパソコンとデスクトップを使い分ける状況を自ら構築し、ネットワークストレージも準備して等々行っているからできる事ですが、ノートパソコンは事務所でも使い、外出先でも使う状況が多いはずです。

ノートパソコンを戻ってきても活用

ノートパソコンを外出先で活用し、事務所に戻ってきても活用することを考えてみましょう。

事務所に戻ってからのパソコン業務となれば、データのまとめ、文書作成、プレゼンデータ準備と多岐にわたり、できれば大画面で作業をしたくなるのではないでしょうか。

私自身34インチワイドモニターを使っていて、その恩恵と作業の快適さを身をもって感じているので、ノートパソコンに外付けディスプレイを接続して使うことは非常にメリット大だと思います。

接続は意外と面倒

フルHDのモニタの価格も以前に比べれば安くなり、大画面の液晶モニタの導入もしやすくなりました。しかし従来の接続だと意外と外付けディスプレイの接続がめんどくさい事になってしまいます。

順を追って考えると、外出先から戻ってきてノートパソコンいACアダプタを接続して、ディスプレイとHDMI等のケーブルで接続して、さらにUSB外部機器とUSBケーブルで接続して、ネットワークのLANケーブルを接続して・・・と少し考えただけでもケーブルの本数がいっぱいです。

Type-Cが解決

ケーブルの束から解放されるためにはType-Cです。電源としての機能だけでなく信号線として機能する点が最大ポイントです。

そのType-Cの利点を最大限に活かしたディスプレイが登場しています。
USB-C接続でノートPCや超小型PCへ給電できるHP EliteDisplay 23.8インチワイドドッキングモニター E243dです。icon
icon
icon

ドッキングモニターを活用

ノートパソコンとマルチディスプレイの環境が生産性を向上させることは、従来から語られていることからも、ノートパソコンに大画面外付けディスプレイを接続することに大賛成です。

その環境を手間をかけず簡単に整えることはさらに重要で、このHPのハイエンド液晶ディスプレイ「HP EliteDisplay 23.8インチワイドドッキングモニター E243d」はType-Cケーブル1本で整えてくれます。
icon

多彩なポート搭載

icon
icon

  1. ポップアップカメラ(収納可能)
  2. USB-A(画面左側)
  3. ヘッドホン端子
  4. 電源コネクタ
  5. セキュリティロック
  6. HDMI端子
  7. ディスプレイポート出力
  8. VGA
  9. オーディオ入力
  10. USB-B
  11. USB-C(ノートパソコン接続用・USB-PD対応)
  12. 有線LAN
  13. USB-A

と、これでもかとばかりにポートが搭載されています。

Type-Cケーブル1本

ドッキングモニターを設置すれば、ノートパソコンをType-Cケーブル1本で接続すれば、ノートパソコンの充電が始まります。(USB-PD対応で最大65W)映像出力のためにHDMI・VGAケーブルで接続も不要です。

有線LANもモニターに差しておくことで、ネットワーク環境も整い、ヘッドホン端子があるので音声出力も問題なく、画面上部のポップアップカメラまで一気に環境が整います。

icon
icon
以前の記事で紹介したドッキングステーションでも同じようなことが実現できたわけですが、このドッキングステーションと液晶モニタを組み合わせたことでさらに、机の上がシンプルになったのではないでしょうか。

関連記事

今使っているEliteX2は持ち運びメインのコンピュータとして使用しており、外出先でのモニター接続にはトラベルアダプタで対応しています。 問題なく使えていますが、データ処理で大画面のモニタを追、さらには接続機器が増えた場合などを考えると据[…]

チルトと高さ調整

チルト調整が可能で、上23度・下5度と作業状態に合わせることができます。また、スタンドは150mmの高さ調整ができ複数人での共用でも問題なく使えます。
icon
また背面にHP HP 260 G3 DMといった超小型PCを取り付けて使うことも可能です。
icon

まとめ

Type-Cが実現してくれる環境は素晴らしく、ドッキングモニターといった形だけでなくもっと可能性は大きいと思います。

電源のことでパソコンそれぞれのACアダプタを準備し、ディスプレイほか外部機器との接続に様々なケーブルが必要だった煩雑な状況から一気に解放されるのは、とても気持ちが良いものだと思います。

モニタの買い替えや、新規導入を考えているなら、このHP EliteDisplay 23.8インチワイドドッキングモニター E243dオススメです。

>WebDream Official Blog

WebDream Official Blog

パソコンサポート・ネットワーク構築・ホームページサポート
ハードからソフトまで、コンピューターに関わることをサポートします。
気になるハード、ソフトや面白ガジェットまで、思いつくまま気の向くまま書いています。

CTR IMG