モバイルルータAterm MR04LNで楽天モバイルUN-LIMIT接続はできるか?

楽天モバイルが気になる!

楽天モバイルUN-LIMITを先日契約し、外出先でも端末の通信状況等確認していますが、残念ながら楽天回線エリアでの確認はまだできていません。

相変わらず楽天モバイルのCMが賑やかで、楽天ポイント還元の申し込みキャンペーンや、新しい端末などのチェックを続けています。

関連記事

1円スマホに驚き! 楽天モバイルのRakuten Miniが1円!という見出しに驚き、UN-LIMITの通信料も1年間無料なので試してみたい気持ちがあり色々と悩んでいました。 ※ Rakuten Mini1円キャンペーンは2020年[…]

関連記事

夏のスマホ大特価キャンペーン 楽天モバイルが本日2020年7月15日(水)9:00から「夏のスマホ大特価キャンペーン」をスタートしました。 ※キャンペーンは2020年8月5日(水)8:59までです 最大26,300円相当ポイント還[…]

楽天モバイル モバイルルータセット

スマホのポイント還元が目立っていて、周辺機器の情報を見ることがなかったのですが、ふと見てみるとモバイルルーターセットで掲載されていました。

今回ラインアップされているのは、NECのモバイルルータAtermシリーズの、Aterm MP02LNAterm MR05LN RWです。

楽天UN-LIMITの契約が初めてならば、プラン料金1間無料で使えるのでルータ機器代金のみでモバイルルーターが持てるということになります。

既にモバイルルーターを持っている場合は、楽天モバイルのSIMに差し替え、APN設定を行えば使えるという事になります。

Rakuten UN-LIMITプラン料金1年間無料はお一人様1回線1度のみ
楽天回線エリア:高速かつ完全データ使い放題。パートナー回線エリアの場合は5GB/月となります。

Aterm MP02LN

通信速度:受信最大150Mbpsの小型モバイルルータで、楽天モバイルで販売されているのは、この2色から選ぶことができるようです。

Aterm MR05LN

Atermのモバイルルーターとして発売され、MR03LN→MR04LN→MR05LNと進化してきたシリーズで、なんといってもデュアルSIM&SIMロックフリーのルータとして人気があります。

速度は受信最大375Mbpsと、通常使うデータであれば特に問題ない仕様だと思います。

Aterm MR04LN(販売終了)

楽天モバイルでの販売は既に終了していますが、MR05LNの一つ前のモデルであるAterm MR04LN RBが楽天モバイル対応モバイルルーターとして出ていました。

ここで販売終了しているMR04LNについて書いたのは、私自身このMR04LNをもっていて、モバイルルーターとして使っているからなのです。

楽天モバイルで契約したものでは無く、最初はY!mobileのシェアプランSIMで使い、その後DMMmobile、ヤマダSIMを入れて使ってきました。

関連記事

高速・快適SIMフリーモバイルルーター 先日注文していたNEC Aterm MR04LN 3B LTE対応 モバイルルーター 【OCN モバイル ONE マイクロSIM付】 クレードル付属が届きました。 SIMロックフリー&[…]

MR04LNで楽天モバイル UN-LIMITを試す!

楽天モバイルからセット販売されているモバイルルーターが、UN-LIMITで使えることは当然ですが、気になるのはMR04LNで使えるのか?と言う事です。

結果:MR04LNでUN-LIMIT SIM認識しました!
通信できました!ただし、パートナー回線エリアでの接続です。
現在楽天回線エリアではないため、楽天回線での接続状況は確認できていません。

MR04LNとMR05LN比較

主な仕様を比較すると以下の様になります。重要なのは接続可能な周波数帯であるLTEバンドです。

どちらもバンド3(楽天回線)とバンド18(パートナー回線)に対応しているので、APNの設定を行えばMR04LNで使えるはずです。

MR04LN MR05LN
通信速度 最大:300Mbps 最大:375Mbps
LTEバンド バンド1(2GHz)
バンド3(1.7GHz)楽天回線
バンド8(900MHz)
バンド11(1.5GHz)
バンド18(800MHz)パートナー回線
バンド19(800MHz)
バンド21(1.5GHz)
バンド17(700Mhz)
バンド1(2GHz)
バンド3(1.7GHz)楽天回線
バンド8(900MHz)
バンド11(1.5GHz)
バンド18(800MHz)パートナー回線
バンド19(800MHz)
バンド21(1.5GHz)
SIMスロット microSIMx2 nanoSIMx2
サイズ 約63(W) × 111(D) × 11(H)mm 約63(W) × 115(D) × 11(H)mm
重さ 約111g 約115g
Aterm MR04LN SIMスロット部 撮影:WebDream

問題はMR04LNのSIMスロットがmicroSIMだという事です。SIMスロット部分に注意書きで【SIM変換アダプタは使用しないでください】と書いてあります。

今回私はnanoSIMをSIM変換アダプタを使ってmicroSIMサイズにして使用しています。nanoSIMで試される場合は自己責任でお願いします。

SIM挿入&APN設定

Aterm MR04LN APN選択 撮影:WebDream

SIMを挿入し、楽天モバイル用のAPN設定追加で設定しました。このモバイルルーターでY!mobile、DMMも設定したのでAPN設定が残っています。

私は本体の画面(タッチ式)で入力をしましたが、文字入力はちょっと大変かもしれません。パソコンを利用して管理画面で処理をした方が入力はやり易いと思います。

設定後切り替え処理で再起動がかかりました。MR04LNは再起動やSIM切り替えに時間がかかってしまいます。MR05LNはその点が解消されて起動が早くなっているようです。

Aterm MR04LN SIM切替再起動状態 撮影:WebDream

楽天モバイル接続完了

再起動し、画面左上に「LTE」の文字が表示されました。無事接続できたようです。

Aterm MR04LN LTE接続状態 撮影:WebDream
Aterm MR04LN LTE通信状態 撮影:WebDream

テザリング接続

Aterm MR04LNとiPhone8 Plusをテザリング接続します。アンテナバーの右側の数字の1がMR04LNに接続している機器台数です。

Aterm MR04LN+iPhone8 Plusテザリング接続 撮影:WebDream

通信速度チェック

接続出来たら通信速度チェックです。今回USENのスピードテスト(USEN GATE02)を使用しています。

Aterm MR04LN通信速度測定中 撮影:WebDream
Aterm MR04LN通信速度 測定結果 撮影:WebDream

計測している場所はエリアがパートナー回線で、室内での結果です。下り約5Mbps という結果でした。スマホ単体で楽天UN-LIMITのSIMを戻して計測したら6Mbpsでした。

まとめ

今回MR04LNに楽天モバイルのSIMを入れて通信できるかを試してみました。結果は先に書いたように「LTE接続:通信可能」というものでした。

MR04LN自体がデュアルSIMということもあり、他の通信SIMと組み合わせて使うこともできそうです。

ただ、このMR04LNは5年前(2015年8月)に購入したもので、電池の減りが少し早くなってます。電池交換は可能なので新しく電池を買えば問題なく使えるでしょう。

起動に時間がかかる点がちょっと・・・となりますがSIMロックフリーのモバイルルーターとして多くのバンド帯に対応している点はメリットでしょう。

SIMスロットがmicroSIMなので、用意するSIMをmicroにしておくと抜き差しの心配はありません。くれぐれもnanoSIMをSIMアダプタ等で使う際は自己責任で行ってください。

Aterm MR040LNをもっている方であれば、楽天モバイル UN-LIMITを契約してモバイルルーターとして使うことができると思います。

MR04LNは販売が終了しているので、入手は中古となるかと思いますが、安価で購入できるのであれば試してみるのも良いかもしれません。

保証の面やサポートなどを考えるのであれば、楽天モバイルからセットでのMR05LNを購入をおすすめします。

>WebDream Official Blog

WebDream Official Blog

パソコンサポート・ネットワーク構築・ホームページサポート
ハードからソフトまで、コンピューターに関わることをサポートします。
気になるハード、ソフトや面白ガジェットまで、思いつくまま気の向くまま書いています。

CTR IMG